忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2011/07/23 (Sat)
ロンドンまで片道49ユーロで行けるドイツ国鉄
ドイツ国鉄が、今年の夏からロンドンスペシャルを開始しました。
早朝の列車なら、ロンドンまでたったの49ユーロ(約5600円)で行けます。
ただしブリュッセル経由なので、列車によって6時間~8時間かかりますがね。

2010年の春にアイスランドの火山が噴出した火山灰のために、ヨーロッパの空がマヒ状態になったのを覚えている方も多いと思いますが、あの時は飛行機組が鉄道に切り替えたので、鉄道各社はホクホク顔でした。
しかし、火山灰がなくなると、お客は飛行機へ戻っていく。
鉄道側もいろいろと作戦を立てないと、空との生存競争合戦に負けちゃうんですよね。

世界3大鉄道関連メーカーのひとつ、ドイツのSiemens(ジーメンス:ドイツ新幹線のICEを作っている)がユーロスターの次世代車両8台の注文を引き受けることになったことで、ドイツ国鉄は将来、フランクフルトからロンドンまでの直行便を走らせる算段を付けました。
現在はブリュッセル経由とはいえ、すでロンドンスペシャルという格安料金を設定したということは、ドイツ国鉄は宣伝を開始したと考えていいでしょうね。
ドイツ国鉄・ドイツ語「London Spezial
ドイツ国鉄・英語「London-Germany Special

ドイツ国鉄はこのほかにも、ドイツ国内29ユーロや、ヨーロッパスペシャル39ユーロなどのオファーをよく出しているし、早割を使うとだいぶお得になるので、旅行前にはしっかり調べましょう。


ところで、次世代車両がドイツのジーメンスに決まったことを知ったフランス国鉄は、お顔が真っ赤になるくらい怒っています。
なにせユーロスターの株を55%持っている筆頭株主で、今までユーロスターの車両はすべてTGVだったんですから、そりゃ怒りたくもなるでしょう。
英仏横断ユーロスターに独シーメンス車両、仏閣僚ら不快感(去年10月のAFPBB News記事より)

腹を立てたフランス国鉄が、ジーメンスのトンネル走行安全規定違反を掲げて、イングランド・ウェールズ高等裁判所にユーロスターを相手取って訴訟を起こしましたが、結果は敗訴。
ますます腹を立てたフランスは、イングランド・ウェールズ高等裁判所に再度控訴をしました。
同じ内容の控訴はできないだろうから、何か他のを見つけてきたんでしょうね。
こちらの判決は今年の10月に出るそうです。
ユーロスター側は公平な入札を行ったわけだし、ICEのほうがTGVより勝っていたわけだから、ユーロスターが勝訴してほしいですが、フランス人はどう思っているんでしょうかねえ・・・
Eurostar(英語)の真ん中のほうにある見出し「Future fleet」の記事
Eurostar(英語)の下のほうにある見出し「Competition」の記事

裁判所の熱い戦いの原因になった、新世代ICEユーロスターですが、Wikipedia に画像が出ていました。現在のTGVと見比べていただきましょう。

ice_eurostar.jpg
色は変われど、形はICEの新型機種、芋虫VelaroのEurostar e320

agv.jpg
負けたフランスのアルストム社製のAGV

eurostar.jpg
現在のTGVユーロスター

現在のTGVは機械が古くなって電気を大量に食うので、ユーロスターは新しくて経済的なICE日本語版)の新機種、Velaroヴェラロ)のEurostar e320を選んだようです。
TGV日本語版)の次世代機種として開発されたAGVアジェヴェ)はすでにイタリアで走っていますが、フランス国鉄は現在のところ使用する予定はないようです。

現在ドイツ国鉄から出ているロンドンスペシャルは、ブリュッセル経由で8時間もかけて走らないと格安料金になりませんが、早くて2012年のロンドンオリンピックに、遅ければ2013年にはフランクフルト―ロンドン直通便がスタートします。
そうなると、ドイツから5時間でロンドンに行けるようになるそうです。

時間は少し余計にかかっても飛行機よりはるかに安いとなると、自然災害の時以外にも、節約したい旅行者や貧乏ビジネスマンにとっては嬉しいことですよね。


イースター旅行時には、パリからロンドンまでを、このユーロスターのお世話になりました。
ここの公式サイトでも早割料金があって、格安料金はキャンセル不可ですが、だいぶお得です。
EUROSTAR公式サイト

paris-nord.jpg
パリ北駅の左端にあるユーロスター乗り場。左端の階段を上って出国検査手続きをする。

paris_nord-2.jpg
出国手続きの次のイギリス入国審査が終わると、免税店や軽食店を通り過ぎて乗り場へ

pancrasstation.jpg
ロンドンのセント・パンクラス駅
画像はWikipedia から拝借しました。
イギリスはシェンゲン協定ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定に参加していないので、国境検査があります。
フランス側の出国手続きが終わったら、そのままイギリスの入国審査手続きになりますが、ここを通り過ぎると免税店やコーヒー店、有名なパン屋のPaul などがあるので、待ち時間もちょっと楽しめます。

ロンドンまで3時間ほどかかるので、時間がなくて事前に食べられなかったり、列車の中で食べる食糧が確保できなかった場合でも、最後に買い物をするチャンスがありますよ。

4年という長い時間をかけて掘られた英仏海峡トンネルは、海底部長としては世界一長い約38kmという長さだけあって、長い間真っ暗な中を走り続けます。
全長は青函トンネルのほうが長く、お互いに海底部長と全長で1位と2位をゆすりあう世界一のトンネルですが、ユーロスターで走ってしまえば、掘削時の苦労を感じる間もなく通り過ぎてしまいます。

そして、トンネルを抜けたら、そこはすでにイギリス。
ようこそ、ポンドの国へ~

拍手[3回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]