忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2011/11/21 (Mon)
ドイツのキセル乗車事情
ドイツには改札口がないけど、みんなちゃんとチケットを買っているのか、疑問に思ったことはないですか?

ヨーロッパでは一部の都市を除いて、大抵の駅に改札口がありません。
駅構内やホームに切符の自動販売機はあるけど、検札もなく、直に列車に乗り込みます。
駅によっては、駅の建物を通らずに道路から直接列車にたどり着けるところもあり、日本人から見れば不思議な光景です。

日本では、田舎の駅以外ではほとんどの駅に自動改札口が設けられていて、それでもキセル乗車をする人がいる有様だというのに、ヨーロッパ人はみんなまじめに切符を買うから改札口がいらないんでしょうか?

この疑問にお答えする前に、ドイツの改札口の歴史をたどる必要があります。
姑の記憶によると、実は、約60年前までは駅構内のホームへの入り口が遮断機のようなもので遮られ、その前に立っている駅員に切符を見せないと列車に乗れなかったそうです。

当時はどこの駅にも住み込みの駅員がいて、改札から列車の発車の合図などの様々な仕事をしていたそうですが、後に人権費削減のために駅員は廃止となり、車掌による車両内での検札が始まりました。

それ以降、検札の仕方はそのままで変わらず、現在に至っているわけですが、未だに改札機が使用されないということは、乗客が真面目にチケットを買っているからでしょうか?

答えは、否。

どこの国でも、不正乗車というものはあるものなんですよ。
ドイツでも昔からキセルをする人がいました。
ただ、その大部分は青少年層で、短距離で乗り降りする近郊列車や市内の列車だけでした。
現在でもキセル乗車をするのは青少年が多いですが、実は以前より複雑な様子を見せるようになってきています。


現在のドイツの不正乗車の実態
EU圏の拡大で東欧や南欧からも自由に出入りできるようになって外国人が多くなったことや、何度もやってきた経済危機による失業者と貧困家庭の増加が誘引となって、無賃乗車をする人が増加し続けました。
1960年代にドイツ全国で0.5%前後だった不正乗車率は、1980年代には1.5%になり、現在では3%~4%に達するところも出ている有様です。

不正乗車常習犯の中には、鉄道の値上げに異議を申し立てるために、わざと不正乗車する人たちもいるそうですが、不正乗車の増加で売上が減ったために運賃が上がってしまえば、本末転倒になるんですがねえ・・・

各地の状態
不正乗車の比率は各地で差があります。
フランクフルトではここ数年は3%前後ですが、ケルンでは2005年に4%強のキセル乗車率が報告されたこともあります。
失業率12%で人口の半分が外国人であるベルリンでは、今年の地下鉄の不正乗車率は7~8%にもなり、億単位の売り上げ損失になるということです。

これらの数字は検札管によるコントロールで発見された不正乗車なので、検察官に発見されなかったキセル乗客を加えると、実際の不正乗車は数パーセント上増しになるはずです。

各交通局の対応
大きな売上損失に頭を痛める各交通局や交通機関グループは、検察官のユニフォームを廃止して私服に変更し、検札の回数を増やしていますが、これによって不正乗車率が大幅に下がったところも報告されています。

常習者への処罰も近年さらに厳しくなり、罰金はここのところ40ユーロで固定していますが、キセル乗車を3回以上発見されると裁判所に告訴されることもあり、実際に刑務所行きになった男性も現れました。キセル乗車を74回発見された後ではありますが・・・

また、最近では無賃乗車の罰として個人情報を交通機関のデータバンクに2年間登録され、何度もキセルを発見されるとその交通機関の利用を今後一切拒否されることもあります。

せめて都市部だけでも改札口を作れば、ここまで苦労しなくてもよくなるはずなのですが、検札機の設置には膨大な費用がいるはずだし、検札機のことをちらりとでも考えたことがあるのかどうかも分かりません。

これからも各交通局は、今までのように人海戦術でいくしかないのかもしれませんね。

キセル愛好者側は
その一方、ハンブルグでは facebook の「Schwarzfahren Hamburg (キセル乗車 ハンブルグ)」に4000人以上の不正乗車愛好者が集まり、検札が行われている路線の情報を投稿しているうえに、「いいね」ボタンを押す人が1万人以上出ており、facebook を見たハンブルグの交通局は驚きを隠せませんでした。

ヘッセン州でもその日の検札予定路線を一般に知らせているラジオがあり、その路線の不正乗車は防止できるのでしょうが、他の路線で検札が行われないのがわかってしまっている状態です。


このように、各交通機関はキセル乗車愛好家には手を焼いているわけですが、大部分の人は真面目に切符を買っているようです。

なぜ真面目に切符を買うのかを数人のドイツ人にアンケートしてみましたが、切符のコントロールがあるからだというのが全員の答えでした。
列車の中で検札官がキセル乗客を発見した現場を目撃した人たちも多いと思いますし、何度も不正乗車をすればそのうち見つかると思うのが普通ですしね。

実際にロンドンやパリは検札機を導入しているわけだし、大赤字のベルリンに改札口を作ったら、収益が大幅に上がるのは一目瞭然だけど、検札機を導入する予算なんかどこにもない。

まさしく、Teufelskreis (悪循環)だ・・・


参考記事

拍手[3回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

無題

改札口がないんですか!へぇぇぇぇ! と吃驚。
何事にも歴史と文化ですねぇ。 愉しいなぁ、こういうの。

IC付きのパスモの登場で、ウッカリさんには便利な時代となりました。ヒトシがカバンごと置き引きにあった時、半年分の定期+チャージも消えてしまったのですが、カード同様に全額補償、その場で再発行♪ああタスカッタワ~♪(年に何度もこういうことのある悲しき我が家…情けない)

正しくあること・それを証明できること、大事ですよね。
「そうは思わんかね、キセル君♪」

  • オナモミ さん |
  • 2011/11/22 (13:58) |
  • Edit |
  • 返信

オナモミさんへ

パスモって何なのか検索しましたよ~
関東地方で使用されているカードなんですか。
ロンドンで似たようなカードの体験しましたけど、ドイツにはありません。
改札口がないから、必要ないんですけどね。

全額補償してくれるとは、便利な物なんですね。
しかし、日本にも置き引きがあるんですか・・・
うーん、昔だったら忘れた財布も帰って来たのになあ。

自動券売機は駅構内やホームにあるけど、うちの町を走ってる私鉄の電車中にも自販機があります。
もよりの駅は通学生がどっさり降りる駅で、自販機が学生によく壊されるので、駅で切符を買えないときは電車の中で買うんですが、こっちも壊れてる時が時々ありましてね。
切符を買いたくても買えない状態になるので、堂々と無賃乗車することになる。
なんちゅうアホな電車でしょうね。
  • from くろろ |
  • 2011/11/23 (05:56)
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]