忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2011/05/06 (Fri)
福島原発警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ
東北地方・太平洋沖地震からもうすぐ2か月がたとうとしています。
福島原発警戒区域になった半径20キロ圏内では、4月22日以降住民の立ち入りが禁止されました。これに伴って、動物愛護団体のペット保護もできなくなりました。
4月22日は県庁では朝からペット保護などの要請の電話が鳴りやまず、環境省の動物愛護管理室も同様で、対応に追われたそうです。

警戒地区立ち入り禁止後は福島県職員がペット保護を引き継ぎ、すでに76匹が救助されたそうですが、警戒深い猫の捕獲数は圧倒的に少ないようです・・・
20キロ圏内は特に復旧が進んでいないため、道路が寸断されたままになっていたり、瓦礫でUターンをしたり、目的地に入ることさえ苦労しているうえに、線量計を持って一地区の作業時間は2時間まで。線量計が5ミリシーベルトを超えると即時徹底をすることになっているため、作業は困難を極めているというのが担当者からの報告だそうです。

すでに取り残されてから2か月近くたち、動物たちは衰弱しきっています。
一刻も早い救助をしなければ、助けられる命も死なせてしまうことになる。
政府の動物への対応にしびれを切らした、「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」というグループがデモを計画し、渋谷警察署に申請しました。
申請時には担当者の方にも応援されたようです。
警視庁で担当くださった方はかなりの動物好きらしく「いやぁ、うちもワンちゃんがいるけど、ほんとに家族だよね。牛や馬だって、家畜っていうけど、やっぱり生き物だしなぁ」
「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」ブログより

チラシも配布されていましたので、ここでも貼りつけます。
東京在住の方で参加されたい方は、8日の日曜日に下の場所に集合してください。
車道を歩くため、危険ですので動物(ヒト以外)を連れての参加はご遠慮ください。
その代りに動物の仮装をしたり、オリジナルなプラカード持参などを薦めています。

警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ

詳しくは「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」ブログに記載されていますので、参加されたい方はそちらのほうでご確認ください。

また、日にちは上のデモより遅れますが、他にもデモを計画しているグループがあります。
こちらのほうは5月中旬になる予定だそうですので、8日に参加できなくて残念な方はこちらのブログを覗いてみてください。
つくニャン season 3(NPO法人CAPINの代表の方のブログ?)
下はNPO法人CAPINの公式アドレス
NPO法人CAPIN
CAPIN CAT & DOG Blog(NPO法人CAPINのブログ)

東京および東京近辺で、置き去りにされた動物たちを思って苦しい思いをしていた方は、ぜひ上記のデモに参加してうっぷんを晴らしてください!

各動物愛護団体の懸命の努力により20キロ圏内の動物救出に努力する地元政治家たちも現れ、ついに29日には枝野官房長官に直に嘆願書を渡した方もいます。
民間団体の努力で政治家が動き、政府に働きかけるところまでやってきました。
5月10日から実施される一時帰宅ではペットの持ち帰りは許可されていませんが、他の日に持ち帰ることができないか調整中だそうです。

ついでですが、『犬猫救済の輪』さんのブログ「『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー」に動物愛護に関する法律が抜粋で記載されていたので転記させていただきます。
動物の愛護及び管理に関する法律
第二条  動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
(動物の所有者又は占有者の責務等)

第 七条  動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者としての責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、 又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人に迷惑を及ぼすことの ないように努めなければならない。
2  動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物に起因する感染性の疾病について正しい知識を持ち、その予防のために必要な注意を払うように努めなければならない。

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2  愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

福島県動物愛護管理推進計画
(3)災害時における動物の扱い
地震等の緊急災害時においては、動物を所有する被災者等の心の安らぎの確保、被災動物の救護及び動物による人への危害防止等の観点から、被災地に残された動物の収容及び餌の確保、特定動物の逸走防止及び捕獲等の措置が行われる必要がある。

(4)災害発生時の救護対策
災害発生時において、被災者の負担軽減と被災動物の福祉の向上を図るため、保護収容及び餌の確保並びに関係団体との連携等を推進する。

(9)災害発生時の救護対策の推進
災害発生時において、被災者の負担の軽減と動物の福祉のため、被災動物の保護収容及び餌の確保等について、「災害発生時の動物(ペット)の
- 14 -救護対策マニュアル」に基づき対応する。
また、隣接県との相互援助、市町村等行政機関との連携並びに獣医師会及びボランティア団体との連携協働について、体制整備を図る。
災害時の動物救護対処方法もちゃんとあるんですか?!
確かに保健所では捕獲されて連れてこられた動物の収容と餌の確保はしているけれど、捕獲はボランティア団体が寄付を頼りに自腹で行ってきたし、警戒地区立ち入り禁止になった後も、先に保護された多くの動物の収容や餌やりの確保に努力しています。
大震災で県のほうも動物にまでは手がまわらなかったことは容易に想像できますが、できればこの「福島県動物愛護管理推進計画」を動物愛護団体を後援する形で実行していただきたかった・・・


デモの結果報告
8日に行われたデモの報告がありましたので、ここに載せます。
デモには多数の動物愛護団体が参加し、600人以上が集まりました。
まず餓死した動物たちの追悼式が行われてから、デモ行進がありました。

◆デモコース:神宮通公園 → 東電の電力館前 → 渋谷駅前 → 明治通りを通って神宮通公園

デモの様子が動画になっていますので、ここでも紹介します。


デモを上手くまとめた動画


みんなが持ち寄ったプラカードです。長いので、マニュアルで早くして見るのをお勧めします

みんなからのコメントより
(動画アップからまだ2日しか経っていないのでわずかですが、これからきっとたくさん来ます)
Way to go Japan! I am glad to see something positive, after all the distruction. I will post this and hope the march gets shared world wide. Those doing everything they can to save the surviving animals need support too!

デモ行進の皆さんお疲れ様です。
行政にこの声が届きますように。
小さな命が救われますように。

記事参考サイト
『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー
上記のブログに載っていた城島衆議院議員のブログ記事

拍手[1回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

No Title

テレビで様子を見ているだけの私ですらもちゃんとした対応が出来ていなくて歯がゆく思います。

そりゃ、人間だって大事だけど、とりあえず人間だけでも助かればいいでしょ・・・みたいな風に思っているとしか考えられないです。

保証うんぬんも大事だけど、それに対しての努力をしているようには思えないな~

大変な問題が山積みなのに、どれとして確かな案も答えもない・・・。そういう明日のことがな~んにも分からないし、今の状況すらわからん・・・

一つ一つ答えを出して行かないといけないのに、どれも中途半端・・・。

こうやって誰かからせっつかれないと何にも決められないのかな
  • ラーダ さん |
  • 2011/05/07 (14:20) |
  • Edit |
  • 返信

ラーダさんへ

20キロ圏内の海岸部は津波が襲った後まったく手を付けていない状態のようです。
元から立ち入り禁止地域だったので、まだ行方不明者の捜索が行われているらしいです。
びっくりしましたよ、人間捜索も後回しにされていたなんて・・・

人間救援が一番に来るのは当たり前ですけど、住民の財産でもある家畜をほったらかしで知らん顔というのは、住民の財産をはく奪しているのと同じです。
そういう考え方なら政治家でもできると思うんですけどねえ・・・
政治の利害関係の調整をしている間に死んでいく命があることなんて、どうでもいいことなんでしょう。

日本政府って、よく対処が遅いと世界からたたかれますよね。
国民や世界に尻を叩かれないと先に行けないなんて情けないです。
でも、これからも国民が自分で努力しないと何も変わらないんでしょうね・・・
  • from くろろ |
  • 2011/05/08 (03:28)

No Title

国や政治家へ言いたいことは、すでに自分のブログで叫びましたが
入ってくるニュースは悲しいものばかりで、溜息しかでません。
震災から2ヶ月になりますが、国の動物への対応は
何も進展していませんよね。
なーんにもやってませんよね。
NPOやデモ等、活動している人たちもいるけど
それによって、国や政治家の意識が変わったとは到底思えない。
つまり、大きな震災が再び起きたとき、また同じような状態になるということです。
本当に、どうしたら変えられるのでしょう?
  • 熊子 さん |
  • 2011/05/10 (23:47) |
  • Edit |
  • 返信

熊子さんへ

デモの様子を追加しました。
youtubeだから、すでにデモに気が付いた海外の人も出てます。

今回のようなデモや嘆願書の提出をする人たちの努力がなければ、おそらくすべての動物が餓死したことでしょう。日本が動物愛護後進国だから今の状態なのは明らかですが、誰も努力をしなければ後退さえしてしまうかもしれない。
どんなに小さな力だとわかっていても、諦めてしまってはいけないと思うからこそ、動物愛護団体は頑張っているのだと思います。

緊急災害時動物救援本部に寄付された義援金は3億円以上。
それほど動物救助に関心を抱く人が多いということです。
残念ながら、20キロ圏内の動物を救助する件に関しては、上からの許可が下りないために保護に行けないそうで、20キロ圏以内の動物を救助するために寄付した人たちから不安の声が上がっているそうです。

国民が興味を示さないことに努力するのは、政治家には無意味なこと。
どうしたら現状を変えることができるか、ということは、どうしたら日本国民を動物愛護先進国民にできるかということと同じかも・・・

20キロ圏内の動物たちの実際の姿を赤裸々に報道するメディアが出て来てくれたら、無関心な人の心も動かせるかもしれない。
取り残された動物がいることはすでに世界に報道されているので、どこかの国が日本政府の動物虐待ぶりを報道してくれるのも効果的なんじゃないかな・・・
  • from くろろ |
  • 2011/05/11 (05:38)
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]