忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2010/05/14 (Fri)
ドレスデンを駆け足観光
ドレスデンはエルベ川の畔に開けた町です。
何と新石器時代にはすでにこの場所に集落ができていて、そこから徐々に大きな町へと発展していきました。ヨーロッパには多いんですよね、石器時代にできた集落が大きくなって都市になったっていうのが。

一応写真は撮ったけど、Wikipediaのほうがよっぽどいいので借りてきました。
何も書いてないのが自分で撮った分。もうちょっと上手くなるように勉強したほうがいいね(汗)

ドレスデンは第二次世界大戦では町の60%が焦土と化し、35万人が戦争の犠牲になりました。
ドイツは敗戦国ですから、終戦直前は空襲もすごかったんですね。
戦後は空襲で破壊されたFrauen Kirche(フラウエン教会)が戦争を戒める記念碑として、廃墟のまま市内の中心部に残されましたが、東西ドイツが再び統一した後に再建を求める声が広がり、集まった寄付金を資金として1994年から2005年まで15年をかけて再建されて、現在では観光客が必ず行く記念碑となっています。

フラウエン教会廃墟
1965年のフラウエン教会(wikipediaより)

フラウエン教会
再建されたフラウエン教会(wikipedeiaより)

フラウエン教会
教会の祭壇。二階にきらびやかなパイプオルガンがある(Wikipediaより)

フラウエン教会
教会内の装飾。大理石の模様もすべて描かれている(Wikipediaより)

フラウエン教会
全体的にピンクっぽい


Wikipediaにパノラマ写真が載っていたので、説明用に名前を書き込みました。
写真をクリックすると、とってもでかくなります。
ドレスデン パノラマ

ドレスデン ツヴィンガー宮殿
これはツヴィンガー宮殿の敷地内。宮殿は国立博物館になっています(Wikipediaより)

ドレスデン レジデンス
こちらはレジデンス。この中も国立博物館になっていて、neues gruenes Gewolbe は必見(Wikipediaより)


neues gruenes Gewolbe
王家の財宝が展示されている、neues gruenes Gewolbe の展示品のひとつ(Wikipediaより)

neues gruenes Gewolbe
こちらも展示品。実際に使われたのだろうか?(Wikipediaより)

中世の町並みが残るヨーロッパの町を歩くと、よくこんな風景に出くわします。
ドレスデン
それぞれの建物の持ち主がそれぞれ勝手に建てるので、高さも幅も様式も全然違う建物がちぐはぐに隣り合わせに建ってる。どこだったか、大きな建物と建物の間に、ミニとさえいえるようなすごく小さい家が、狭い敷地に建ってました。
左端の家の屋根についてる窓が、なんだか顔のようにみえて面白い(笑)


最終日はまたまたダンナと別行動。
午前中にダンナがドレスデンの南方にある、Bastei(バスタイ)という景勝地へでかけ、私は残りの博物館めぐり。
午後からバスタイに出かけようと思ったら、電車がなんだかえらく遅れている。
ドレスデンの中央駅で、電車に乗り込んだ人がまた降りてくるのを見て、こりゃ何かあったなー、とは思ったけど、一応乗ってみました。
そしたら、車内アナウンスが「交通関係で遅れている」と放送。少し遅れるくらいならいいかな、とそのまま乗っていたら電車は数分遅れで出発したのですが、このあとのアナウンスを聞いてぎょっとしました。
「人身事故発生のため、この電車は〇〇駅まで運行した後、そこから引き返します」
この〇〇駅は、目的地の手前の駅。

どうも、ついさっき事故が起きたようで、問題の終着駅に着いたらまたもやアナウンスがされたけど、今度は実況中継風。次に到着した電車の案内で、電車がその駅から引き返す旨の内容の次に、救急医が現場に向かうとアナウンスされたすぐ後に、救急車がけたたましいサイレンを鳴らしながら走っていくのが聞こえた。その駅で足と止められた人たちは、救急車の音に皆緊迫した顔。
ほんとについさっき事故が起きたんだ・・・

そういうわけで目的地には行けなかったけど、こういうときはどうしようもない。
ダンナは事故発生前にドレスデンに帰ってきていたので、難を逃れていました。
事故に遭ってしまった人には気の毒だけど、数時間後にフランクフルト行きの電車に乗る予定だった私たちは運がよかったといえます。
この後絶対2時間くらいは電車は動かないはずだから、向こう側に行ってしまっていたら帰りの電車には間に合わなかったかもしれないもの。
バスタイ
岩に橋が渡された、有名な観光地Bastei。

今回行けなかったところは、いつかまた行ける事があるかもしれない。
事故に遭われた(または自由意志だった)方のご冥福をお祈りいたします。

拍手[11回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]