忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2014/01/16 (Thu)
ハンブルグの潜水艦博物館
エアバスツアーが終わったのは13時半。
普通ならお昼ご飯の時間ですが、ホテルの朝食バイキングで思いっきり食べてきたので、そのまま次の観光に出発です。

またバスでFinkwerder まで戻ってフェリーに乗り込みます。
行きは鬱陶しい天気だったけど、太陽が出てきてあたりも明るくなりました。

行きにはぼやけて見えた世界最大の貨物船が、帰りにはくっきり見えます。
この貨物船、命名式が2日後に迫り、メディアを賑わせていました。

なんでも式典の後に花火が打ち上げられるということで、私たちも当日フェリーでビューポイントを目指したのですが、降りるところを間違えてフェリーはビューポイントから遠く離れた場所へ行ってしまい、花火の音だけ聞くという大失敗をしてしまった。
未だに悔しいわ~

命名式を待つ、世界最大の貨物船

この小さなタグボートがタンカーや客船などを引っ張るんだよねえ

フェリーはたくさん走ってます

ちょうどライオンキングのミュージカルがあったので、宣伝フェリーも

半分まで帰ってきたところで、次の目的地でフェリーを降ります。
最寄のピアはフィッシュマーケット。
土真ん前に立つ魚市場は歴史のある建物で、ヨーロッパの重要文化財に指定されています。
日曜日にはこの周りに魚市が立ち、観光客を引き寄せていますが、残念ながら私たちは土曜日に帰るので見られませんでした。

以前は中に魚市場がずらりと並んだこの建物は、催し物ホールに改装するために工事中でした。でも建物自体は昔通りに修復されるそうです。

ちょうど工事中だった魚市場ホール

ここのサイトに「ハンブルグ港誕生日祭」のビデオがあったのでもってきました。
なんと、世界最大の港祭ですって。
毎年5月に催され、今年は5月9日~11日だそうです。



さて、ここから次の観光施設まではすぐそばです。
ちょっと歩くと、もう見えてきましたよ。
潜水艦博物館です。

ドイツにあるからドイツの潜水艦かと思いきや、これはロシアの北方艦隊に所属していたロシアの潜水艦です。
1976年に建造され、2002年まで現役だったんですって。

入館料は大人1人9ユーロで、ガイドツアーは4ユーロ増しです。
潜水艦の中は以前にも見たことあるけど、説明がないとあっという間に見終わってしまいます。9ユーロもするのにそれじゃあもったいないでしょ?
ということで、ガイドツアーにしました。

知らなかったら素通りしてしまうところを詳しく説明してもらえたので、4ユーロの価値はありましたよ。

emoji潜水艦博物館(ドイツ語)
emojiU-434 (Wikipedia ドイツ語)

引き潮で全貌が見える潜水艦
 
熊の絵があるから、ベルリンの船かと思ってしまいそう


白い丸はハッチのあるところ。非常出口にも使用

潜水艦が水中に潜っていられるのは3日半。
そのまま水上に浮かびあがらないと、全員酸欠で死んでしまいます。

ありましたよね。
事故で海に沈んでしまい、何カ月も後でやっと救援が来た時には全員が死んでいた、ロシアの原子力潜水艦が・・・

上のハッチを下から見たところ

入り口から中に入ったところ。左にミサイルが置いてある

どんだけ狭いかわかるでしょ?こんなところに何週間もいるのはハードですよ

士官達の多目的部屋

士官の寝室

士官の部屋には洗面台もついてる

機械室。通路が狭い!

ガイドツアーだけが見学できる指令室

食物貯蔵庫

潜水艦の各部署をつなぐドア。通り抜けるのも一苦労

何とか場所を作ったという感じのトイレ

下っ端の水夫たちは隙間に作られたベッドで寝た

潜水艦はすごく狭いので、士官たちは個室をもらえても水夫たちの場所はない。
みんな機械の後ろだとか、隙間があるところに寝そべるしかないのですが、潜水艦が動いているときは始終大きな機械音がしているわけで、そんな超煩いところで横になっていたそうです。はたして寝られるんでしょうか?

え?という場所にあるシャワー

船尾にある水夫のベッド

こんな古臭い潜水艦、とっくの昔に博物館行きになったんだろうと思ったら、2002年まで使われていたとは!
最新型と比べたら労働環境は劣悪だったでしょうに・・・

説明を聞きながら切実に思ったのは、
こんなところで働きたくない!

水夫さんたち、苦労したんだろうなあ・・・


50分ほどしてガイドツアーは終わりました。
また次の場所に移動です。

赤いのは修理されている船、手前は作業船

地下鉄と連絡しているLandungsbruecke


おお、Shell のガソリンスタンドだ~

次回は船の博物館を紹介しますね。

拍手[2回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

No Title

凄いところに観光に行きましたね~
船の中は何度か入ったことがあるけど、独特な匂いがしますね

私はあの匂いに酔いそう・・・

港に浮かんでいる船がどれもカワイイですね~
色も素敵だし、そのままミニチュアにして飾りたいくらい

世界最大の港祭、世界最大というだけあってものすごく盛り上がってますね~

きっとこの時期は世界中から観光客が押し寄せるんでしょうね~

迫力があるんでしょうね
  • ラーダ さん |
  • 2014/01/16 (23:38) |
  • Edit |
  • 返信

ラーダさんへ

>船の中は何度か入ったことがあるけど、独特な匂いがしますね

そうそう、汗と機械の匂いがすごいでしょうね。
この博物館は、営業中はずっと出入口が開いているので、無臭なんです。
でも、ガイドさんが説明してたわ・・・

>港に浮かんでいる船がどれもカワイイですね~
>色も素敵だし、そのままミニチュアにして飾りたいくらい

飾るより乗るほうが楽しいですよ~
普段の生活ではできないから、いい気分でした。

>世界最大の港祭、世界最大というだけあってものすごく盛り上がってますね~
>きっとこの時期は世界中から観光客が押し寄せるんでしょうね~

見たことはないけど、きっと楽しいと思います。
いつか機会があったら行ってみたいもんです。
でも、いつだろうなあ・・・
  • from くろろ |
  • 2014/01/18 (08:02)
  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]