忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2011/07/31 (Sun)
ロンドンのお得な交通チケット Oyster card (後篇)
Oyster card はすごく便利で、ほ~!な機能が付いているんですけど、気になるのはその名前。
なぜオイスターなんだ?
名前からは、どうしても牡蠣しか浮かび上がってこない・・・

というわけで、こういう時にはいつもお世話になっているWikipedia へ出発!
名前の由来は英語版に載ってました。
Oyster was conceived and subsequently promoted because of the metaphorical implications of security and value in the component meanings of the hard bivalve shell and the concealed pearl; the association of London and the River Thames with oysters and the well-known travel-related idiom "the world is your oyster".
これをGoogleに翻訳させると超へんてこりんな和訳になるので自分で翻訳するしかないんですが、めんどくさいので、各自で読んでください(^^;)
ということで、思った通り、海の中のオイスターがカードの名前なんですね。
カードが持つセキュリティーとバリューの組み合わせを、牡蠣の外殻と殻の中に秘められた真珠に例えているわけです。
でも、牡蠣に真珠なんて入ってないのに変ですよね?

オイスターというと日本では牡蠣にしかなりませんが、英語圏ではかなり広義に使われていて、アコヤガイはPearl Oyster と言われているんですって。
だから、カードに付けられたOyster は牡蠣ではなくて、真珠貝を指しているんですね。

では、一番最後に出てきた「the world is your oyster」って何でしょう?
これはシェークスピアの戯曲「The Merry Wives of Windsor」(ィンザーの陽気な女房たち)の中で使われたセリフ、Why then the world's mine oyster/Which I with sword will open.が語源となっています。
つまり、すべての機会は誰かに開かれている、という意味合いです。
イギリスが誇るシェークスピアのオイスターと、実際のオイスターを掛け合わせた、結構深い意味のある名前だったんですね~


と、名前の由来から始めましたが、皆さん名前の由来は納得できましたよね?
それでは次に、オイスターカードの使い方を説明することにいたしましょう。
カードは改札口の、丸くて黄色いプレートにタッチさせて通り、目的地で改札を出るときにもう一度タッチさせます。

Oyster-Reader
黄色いところにカードを触れさせる(Wikipedia より)


次はオイスターカードの説明動画です。
最初のビデオは、ロンドン交通局のサイトでの買い方を説明しています。
ビデオはすべて英語ですので、旅行前の英語勉強がてら聞いてください。



カードを買ったら改札口を通ります。
緑のランプのついている改札口を使えと書いてありますが、これは説明なんかなくてもわかりますよね。
日本と同じで、定期入れに入れたままタッチアンドゴー。




今度のビデオはオイスターカードの使い方です。
こちらはゆっくり喋ってくれているので、はっきり聞き取れますよ。



カードの残金が少なくなりすぎると改札を通れなくなってしまうので、時々カードにお金を入れないといけません。
外国でチケットの自販機を扱うのはドキドキものですが、ドイツのと違ってここは簡単です。
まずは、カードの履歴を見る方法です。
このビデオだけバックミュージックが騒音なみなので、ヘッドフォンなしで聞いたほうがいいです。

オイスターカードは登録すると、インターネットでカードの残金や使用チケット料金の詳細を見ることができます。外出中に確認したいときは、自販機で見ることもできます。



自販機では、5ポンドから50ポンドのボタンを押してその分だけ払う方法と、自分の好きな額だけ入金する方法があります。
下ビデオは、自分のすきな額を入れる方法の」説明です。




ビデオの中でも言っていましたが、世界で一番最初に地下鉄が走ったのはロンドンです。
1863年に開通した地下鉄のトンネルは現在も使用されており、トンネルから地上に出てくるサークル線のパディントン駅付近では、当時のトンネルの大きさをはっきりと見ることができます。
ロンドンの地下鉄車両の上部が丸くなっているのには、わけがあったのですよ。

Why London Underground is nicknamed The Tube
トンネルの壁から何センチ離れているのか気になる・・・(Wikipedia より)
 

さて、実際にオイスターカードを使ってみた感想ですが、どこへ行くにもこのカードをピッと改札で当てるだけなので超簡単だし、カードにお金を入れるのも問題なかったし、自動的に一番安い料金を選んでくれるので悩むこともなくて楽だったのですが、ひとつだけ問題が出ました。

旅行最終日は飛行機でドイツに帰るために、お昼に地下鉄のパディントン駅に到着した後、イギリス国鉄の列車で空港に向かったので、それ以降はオイスターカードを使わなかったのですが、カードを登録していたせいで、家に帰った翌日にロンドン交通局からお知らせメールが来ました。

なんと、6.90ポンド返金があるから、最後に改札口を出たパディントン駅の改札口で返金分を回収するようにと書いてある?!
その数日後にはまたもやお知らせメールが届き、今度は2.50ポンドの返金があると書いてある・・・

出発した駅とは違う駅の改札口をお昼に出たままだったから、料金計算がややこしくなったとか?
お金が返ってくるのは嬉しいけど、返金分料金は絶対回収に行けないよ~
うーん、こういう盲点があったとは・・・・・・

トラベルカードの1日券ならチケットの料金は初めから決まっているから、どこで降りようと関係ないけど、オイスターカードはその機能の多彩さからの問題点があるので、旅行最終日は気をつけた方がいいかも。って、どう気をつけたらいいのか分からないところが問題だなあ・・・

せっかく返ってくるお金があるので、同じくロンドンに行くらしいダンナの妹夫妻にオイスターカードを上げることにしました。
これで、返却分が有効利用できるといいけど・・・


さて、チケットの準備も整ったので、ロンドン観光に出発です。
そこで、次のビデオに入ります。また英語です。
「ロンドンで知っておかなければならない10のこと」という題ですが、ここに書き出してみると
  1. ロンドンはヨーロッパ最大の都市のひとつ
  2. 移動にはTravelcardかOystercardを利用する
  3. イギリスの名所として世界でよく知られている所の多くは、ここにある
  4. 国営博物館や美術館は無料である
  5. 頭を冷やすための公園はたくさんある
  6. ショッピングには最高の場所である
  7. 町の中にはいくつかのはクールな地域がある
  8. その土地特有の料理を試してみないといけない
  9. 劇場に出かけるときは、安いチケットを探すこと
  10. 夜に出かけるときは、西より東へ行け
ビデオの最後で、ロンドンでベストなホステルも紹介しているとのコメントがありますので、気になる方は下のリンクから飛んでみてください。
Hostels world.com



有名な「Fisch and chips」は残念ながら食べることはできませんでしたが、一応観光はしてきました。
次回からはロンドン観光に行きますね~

拍手[3回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]