忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2011/09/02 (Fri)
ロンドン観光 Tower of London (ロンドン塔)
まだやってるの?!って声が聞こえてきそうですが、ロンドン観光の続きです(^^;)
時間の都合と息子の興味の都合でたくさんは回れませんでしたが、行った先を紹介していきます。
今回はロンドン塔です。

とはいえ、せっかくテムズ川の観光船に乗ったので、船からの記念写真も載せておきましょう。
ロンドンパス利用なので、船は無料でした。
ビッグベン
ウエストミンスターの船着き場からスタートです。ビッグベンがよく見える。

タワーブリッジ
やはり見栄えがするタワーブリッジ

tロンドン塔
次の船着き場がすでにロンドン塔です。塔と言ってもタワーがあるわけじゃありません。

ロンドン塔の船着き場を出た後、昼食にしようということになり、近くにあった「Subway」に入ったんですが、食事が終わってロンドン塔のほうに歩きはじめたら、すぐそばに「Fish and Chips」のスタンドがあるのに気が付いてしまった。

真っ直ぐ歩いてれば、イギリス名物の「Fish and Chips」が食べられたのに~、とちょっとがっかり。
ここの他にはスタンドは見かけなかったから、残念でした!

さて、ロンドン塔に行ってみると、チケット売り場の前の広場にたくさんの人が列を作っていて、まるでディズニーランドのチケット売り場みたい!
さすがに、ロンドンに行くなら絶対見ろ!と友人に言われただけあって、すごい人気ですね~
でも、あんな列に加わったら1時間くらい待たされそうですよ・・・
ここで、ロンドンパスのありがたみがじわ~と湧いてきましたヽ(´∀`)ノ

ロンドンパスについては前回説明していますので、詳しくは下のリンクからどうそ
ロンドンの博物館めぐりはLondon Pass で

ロンドンの交通チケットに関しては下のリンクからどうぞ
ロンドンのお得な交通チケット Oyster card (前篇)
ロンドンのお得な交通チケット Oyster card (後篇)


いよいよTower of london (ロンドン塔)に入場です。
この日はオーストラリアの放送局があちこちで収録をしていて、ステージまで作られていました。
私は絶対映ってないですけどね。
ロンドン塔全景
ロンドン塔全景(Wikipediaより)

ロンドン塔
入場料:19.80ポンド
開館時間:
3月1日~10月31日       火 - 土: 09:00 - 17:30
                 日 - 月:10:00 - 17:30
                                            最終入場 17:00

11月1日~2月28日        火 - 土: 09:00 - 16:30
                 日 - 月:10:00 - 16:30
                                            最終入場 16:00

見学には2~3時間必要です。
Tower of london (ロンドン塔)公式サイト

towerbridge_aus_tower_of_london.jpg
たくさんの観光客で賑わっています

ロンドン塔の中にあるいくつかの建物は博物館になっていますが、目玉は世界第二位の大きさのダイアモンドが付いた王笏と、これより少し小さめのダイアモンドが飾られた大英帝国王冠です。

このダイアモンドはカリナンと呼ばれ、南アフリカ政府が英国王室に贈呈したものです。
原石は3106カラット(621.2g)もあり、ここから9個の石が切り出されました。
写真の左上が王笏に使われたもので、その隣が王冠にはめられているものです。
カリナンダイアモンドモデル
ガラス製のカリナンダイアモンドのモデル(Wikipediaより)

大英帝国王冠
ロンドン塔に展示されている大英帝国王冠(右横)。今でも実際に使われている
正面(左側)下にダイアモンドが見える(Wikipediaより)

みんなが期待をしている王冠の展示室は、さすがに警備が厳重で、銀行のセーフくらいぶ厚い扉の向こう側にあります。
動く歩道に乗っかって、じーっと王冠を3分見たらもうお終い。
壁際に作られた一段高い立ち見席に登って、カメラの望遠でもう一度じっくり見る手もありますので、3分が短すぎる方は後ろ側の立見席で10分くらい粘ってみましょう(笑)


ロンドン塔には他にも、王室関係の興味深い展示品がありますが、4月は王家の鎧兜でした。
大柄な王様のものはでかくて、ちょっとびっくりです。
昔は戦争が多かったんですかね。王子用の小さい鎧も展示されていました。

ロンドン塔は建築された後、皇室の宮殿以外にも様々な使われ方がされました。
造幣所、天文台の他に動物園にまでされていましたが、監獄としても使用されていたため、ここで処刑された皇室関係者や有名人がたくさんいます。
小さな部屋に展示された拷問用器具や処刑場を見ると、歴史の重さをひしひしと感じます。

もう二つ、ロンドン塔で忘れちゃいけないのが、カラスと衛兵ですよね。
カラスはロンドン塔の守神だという占い師の言葉を信じたチャールズ2世がカラスを飼育するようになり、それが今でも続いているそうです。

衛兵のほうは、例の素敵なユニフォームで有名ですよね。
The Yeomen Warders(ヨーマン・ウォーダーズ)と言われる衛兵達は見張り番に立つだけではなく、ロンドン塔解説ツアーの主役でもあります。
ロンドン塔の歴史を時には真剣に、時にはユーモラスに話してくれるので、いつも観光客に囲まれています。
ヨーマン・ウォーダー
ツアー中の、表情も豊かなヨーマン・ウォーダー

イギリス国旗もこんな色じゃなかったっけ?
何とも鮮やかなユニフォームですねえ。
ついついカメラを向けたくなる、素敵な色合いだ。

速足でも2時間はかかるロンドン塔見学。
見学の後は、お土産屋さんによって記念グッズを求められる方もいますよね。
私も中に入って見てみましたが、そこでギョッとするものを見つけちゃいました。
飛び出す絵(本)なんですが、なんと処刑のシーンで、ギロチンを下ろすと処刑者の首が落ちるようになっている( ̄□ ̄lll)
誰が買うんだーっ?

拍手[1回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]