忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2009/03/04 (Wed)
Harry Potter シリーズの付録は、ちょっと怖いメルヘン (序章)
去年の7月にハリーポッターの最終版が出た時、アマゾンに注文された本を届けるために、ヨーロッパ中をDHL(ドイツ郵便の小包部門)がHarry potter Express の字入りで走りまくりました。
ドイツ語版が出た10月にも、DHLはドイツを駆け巡りました。
とうとう最終版が出てしまったから、もう新しいお話は読めなくなるのがとても残念でしたが、12月に付録のメルヘンが登場。薄い本ではありますが、もう一度ハリーポッターのお話に興味を湧かせてくれました。

私はハリーポッターファンでして、1巻から7巻までドイツ語版をそろえています。
6巻と7巻は、ドイツ語版が出るのが待てなくて英語版も買いました。アマゾンに注文したので、もちろんDHLのExpress が家まで届けてくれました。
日本では運送料を払わなければなりませんが、アマゾンヨーロッパは無料で本を届けてくれます。アマゾンがハリーポッターで大儲けしたのはそのせいです。

一言断っておきますけど、日本語版はちらっと中を見て真っ青になったので、絶対読みません。
あれはハリーポッターが出まかせの魔法の呪文を言う場面でした。なんと呪文が

「でまかせおまかせ なんじゃらもんじゃら
(大分前の話なので、なんじゃらもんじゃら以外は確かではないです)

になっている!
ヨーロッパでは魔女を信じていた歴史から、各国に魔法の呪文が昔からあるので問題はありません。
ドイツでは「Hokuspokus Simsalabim 」と言います。
そういう呪文がない日本なので翻訳に苦労したのでしょうけど、これはいくらなんでも酷い!
これ以降、日本語翻訳版は怖いので、絶対に読むまいと決心しました(苦笑)

さて、息子がクリスマスプレゼントとしてくれたハリーポッターのメルヘン本はドイツ語です。
最近カテゴリーのドイツ語を使っていないので、今回は序章だけをドイツ語で少し紹介することにします。
という序章が長くなりすぎたので、次の記事から始めたいと思います。

拍手[1回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

ハリーポッターの序文、楽しみにしています

>日本語版はちらっと中を見て真っ青になったので、絶対読みません。
あはは、わたしもダメでした。ハリーポッター日本語版を知り合いから借りて、結局全く読めずに返してしまいました。どうやら翻訳の文章と相しょうが悪かったようです。

他のSFのシリーズ物も、翻訳者がチェンジしたとたん読めなくなってしまいました

ホント、翻訳は難しそうですよね~

P.S.実はお魚まだ泳いでいません
わたしの設定が何かおかしいのだと思います。もう少し考えてみますね。

Luna meerさんへ

おはようございます。朝からがんばってらっしゃいますね。私は宵っ張りです(^^;)
Luna meer さんもトライはしてみたのですか。あれは翻訳者が悪かったんですよ。他の人ならもうちょっとましに書いたかも知れません。

>他のSFのシリーズ物も、翻訳者がチェンジしたとたん読めなくなってしまいました
おおお、Luna meer さんもSFをお読みですか?! 推理小説にファンタジー、宮部みゆきに筒井康隆まで来ると私になりますよ(^^)
確かに同じ本でも翻訳者で文章がころっと変わってしまいますね。そういう場合は原本で読むのが一番いいのですが、辞書を片手じゃ面白くないし・・・
ハリーポッターのドイツ語版は、原本に忠実に翻訳してあったのが嬉しかったです。

>実はお魚まだ泳いでいません
他の方たちが見えてLuna meer さんだけ見えないというと・・・・・・ここでFlash Player をダウンロードしてみてくださいな。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
お魚はFlash Player がコンピューターにインストールされていないと見えないんです。もしかしたら、それが原因かもしれません。でも、最近はあらゆるサイトでFlash が使われているので、もしFlash Player がインストールされていないのなら、そういうサイトに行くたびにコンピューターが何か言ってくるはずなんですけど・・・
健闘を祈ります!
  • from くろろ |
  • 2009/03/04 (09:24)

泳いでました、泳いでました!!

勘違いしてました
記事の周りにいる魚が泳ぐのかと思ってそればかり見てました。このブログのページの一番下のところにいる魚のことだったんですね。だったら泳いでます。ごめんなさいね、トンチンカンなこと言って(全然お手伝いになってませんでしたね)。

>推理小説にファンタジー、宮部みゆきに筒井康隆まで来ると私になりますよ(^^)
宮部みゆきに筒井康隆、わりとこのあたり読んでますよ。くろろさんはアン・マキャフェリーの『パーンの竜騎士』シリーズなんて読まれてます? 翻訳者が変わって読めなくなったのは、このシリーズなんですよぉ。ビアズ・アンソニーの『魔法の国ザンス』のシリーズも好きなのですが、最近なかなか読めていません

SFは、アーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフ、フィリップ・K・ディック、ロバート・A・ハインラインなどなど比較的古典の王道を、推理小説は、エラーリー・クイーンとか、国内では島田荘司や森博嗣、宮部みゆきや京極夏彦などといったところを(最近は全然読んでいないものもありますが)読みます。

最近、読書量が減ってしまって…、ダメですね心に余裕がないと、バタバタするだけで一日が終わってしまいます

なんだ、勘違いだったんですか

笑い話になってよかったです。Luna meer さんのコンピューターはどこも壊れていないことが判明したわけですから(笑)
しかし、前は見えてなかったはずですよね?私も見えませんでしたもの。
テンプレートは無事審査を通りましたのでご安心を。でも、ページの下の魚だってみんな分かってたのに一人だけ違うところを見てたなんて、Luna meer さん、ボケの素質がありますよ(笑)

以前は町の図書館からSF(ドイツ語)を借りて読んでいたのですが、最近は日本人作家の本を帰国したときに買いだめして持ってきてます。でないと、日本語にも日本文化にもついていけなくて・・・(汗)
最近はコンピューターにかじりつく時間が多すぎて、ゆっくり本を読んでないです。古典なら私もたくさん読んでいますよ。アイザック・アシモフやポール・アンダースン、マリオン・ブラッドレイがお気に入りです。でも、Luna meer さんの読まれている作家は残念ながら知りません(古い人間)

宮部みゆきの本を読むと、反動的に軽い娯楽小説が読みたくなるので、推理小説はもっぱら内田康夫の「浅見光彦」シリーズです。あの軽さに癒されます(^^;)
でも、ハードボイルドを除いて何でも読みますよ。以前知り合いに段ボール箱いっぱいの古本をもらったので、いろんな作家がごっちゃになってます。残念なのは、そう簡単に日本の本屋に行けないことですね。

来週から旅行に出かけてコンピューターもしないし、ドイツ語のSFを一冊持って行こうかしら・・・
  • from くろろ |
  • 2009/03/05 (02:45)

ちょっとそれますが

エーリッヒ・ケストナー氏の作品が大好きなのです。
本国ドイツで、氏の現在の評価はいかがなのでしょう?
文体が古くて読みにくいとか、そういった方向で…お時間のある時に教えてくださいまし~。
わたしが愛したシリーズは高橋健二さんの訳なのですが、新訳の文庫本が、本当に号泣レベルなのです。

遅くなりました

遅くなりましたー
一応念のために、家族に文体について聞いたんですけど、ケストナーの作品は1900年前半に書かれたんだから当たり前だという顔をされました(^^;)
息子なんか「トルケンだって50年前だ」と・・・(苦笑)
注)トルケンの作品: The Lord of the Rings

偉大なるケストナー氏の名前はよく学校に使われています。息子の小学校もエリック・ケストナー学校でした。彼の作品はクラシックとして、どこの本屋でも売られています。アマゾンでも廃れることなく販売されています。
アマゾンではたくさんのコメントが寄せられており、そのどれにも文体に触れたものはありません。
みんな物語の素晴らしさを熱っぽく書いてあります。
もともと子供用の本ですから、初めからやさしい文体で書かれているのだと思います。
ははは、実際に原本を読んだことがないので、私からは何も言えません(汗)

テレビにも時たま昔の映画が登場します。「空飛ぶクラスルーム」だとか、有名な「二人のロッテ」だとか・・・
でも、ドイツでは「空飛ぶクラスルーム」が一番人気のようです。

オナモミさんも翻訳者の被害を受けてるんですね。そういう場合は、英語で読むほうがいいかもしれませんよ。
ハリーポッターのドイツ語版も原本に忠実で、変な翻訳なんて一かけらもありませんでしたもの。
一字一句そのまま、といえます。違うのは諺の言い方くらいなものでした。
ドイツ語を翻訳するのは、言語が近い分だけ英語のほうが楽なはずです。
でも、一番いいのは原本ですよ(^^)
オナモミさんもドイツ語習ってみる?
  • from くろろ |
  • 2009/03/08 (02:36)
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]