忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
2009/02/21 (Sat)
あなたは右利き?左利き? それとも両利き?
最近はどこでも左利き用の道具や機器を見つけることができます。
昔は矯正しないといけないとされていた左利きは、今では完全に市民権を獲得しました。
日本でも左利き用の商品が簡単に買えるようになりましたが、ドイツでは早くから出回っていました。

息子は左利きです。
やはり右に矯正しろと義両親に言われましたが、自然を妨げることはないという私の方針で、矯正はしませんでした。義両親の言い分は「工具を扱うときに危ない」というものでしたが、親戚の左利きの人は「別に問題ないけど」と左利きの不具合を否定したので、私も自信を持つことができました。
字を書くのにとても難儀はしましたが、義母が息子に書き方を教えてくれ、問題なく書けるようにもなりました。
でも大変ですよ。手で字をこすらないように、字の上で手を曲げて自然の法則に逆らった書き方をしなければなりませんもの。

しかし驚いたのは、ドイツには10年以上も前から左利き用のブロックノートがあったことです。
片方が螺旋状のワイヤー(?)で綴じられていて、切り取り線で切り離すと、バインダーに綴じられるようになっているこのブロックノートは、左利き用に反対側に螺旋を持ってきてあるんです。
もちろん左利き用のはさみはどこでも売ってましたし、Dosenöffner(缶切り)もデパートで普通に売ってました。
日本も近年は商品が多くなったようですが、昔はわざわざ探さなくてはなりませんでしたよね。
なのに、ここでは小さな町の文房具店に売っていた。
ドイツは左利きに優しい国なんだなあ、と感心したのを覚えています。

さて、全世界で10%~15%しかいない左利きは脳の半球の機能説が有力ですが、未だに謎の部分が多いです。今のところ、遺伝子から来るとする説と遺伝子ではないとする説が真っ二つに分かれています。
左利きが10%~15%しか現れていないのは矯正された人がたくさんいるからだとされています。まだ研究報告が十分ではありませんが、人類の半分が左利きになれる遺伝子を持っているのではないかと推測されています。

さて、あなたはどちらでしょう?
字の書き方は大概子供のころに直されていますから、普段よく使う手で判断します。
鏡文字を書けるなら左利きです。鏡文字とは、文字を鏡に映したみたいに書くことです。息子もよくこの鏡文字を書いていました。文字以外は左ならば、立派な左利きになります。
特別な訓練なしで何でも両手でできるのは両利きです。右手と左手とで役目が決まっている場合も、やはり両利きです。

両利きは左利きの要素がある人といえばいいのかしら?
実は私がそうでして、左でしかできないことがあります。トランプを切る時とか、財布からお金を出すときとか、手先を使うようなことがいろいろと・・・
初めてビリヤードをした時、どちらの手を使おうか考えました(笑)
左にしようと決めてやってみたら、全く問題もなくできました。でも、いったん決めると今度は右ではできないんですよ。ということは、最初に右に決めていたら、きっと左ではできなかったんでしょうね。
もしかすると、両手利きが一番不思議なのかも・・・・

効き手以外にも利き足がありますよね。
私は地面を蹴るのは右足ですけど、ボールは右手に持つんです。
結果は・・・・・・バスケットボールでゴールにボールを投げ入れようとすると、体が突っ張ります(笑)

拍手[3回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

なるほど(゜o゜)

鏡文字、右手でゆっくりとだったら書けますよ。

以前の職場で、同じグループのメンバーがわたしを入れて7人いたのですが、そのうち2人は左利きでした。確率高いと思いませんか?
2人とも20代半ばの男の方でした。もしかすると、彼らの時代からは左利きの矯正がゆるくなっているのかもしれませんね

左利きの人は頭が良いとよく言いますが、彼ら2人も有能でしたよ。

左利き用のブロックノート、日本では見たことがありません。それが普通に町の文房具点にあれば、上述の2人もきっと喜ぶでしょうね

今晩は Luna meerさん

ご迷惑をおかけしました。
大したことない言葉でも引っかかってしまうのは困るのですが、あれを外すとまた来そうでねえ・・・

>鏡文字、右手でゆっくりとだったら書けますよ。
練習なしで書けるのでしたら、左利きの要素があるかもしれませんよ。右利きの人の中には結構左利きの要素を持った人がいるのではないかと思ってます。
ちなみに、私は矯正とかはしておらず、自然にこうなったみたいです。

>以前の職場で、同じグループのメンバーがわたしを入れて7人いたのですが、そのうち2人は左利きでした。確率高いと思いませんか?
確かに高いですね。やっぱり最近は昔ほどうるさく言わなくなったからなんでしょうね。しかし、左だから優れているということはないそうですよ。息子も、左利きだけどアホですし(苦笑)
その方たちは、もともと優れた頭脳の持ち主だったのでしょう。

左利き用ノートはまだありませんか?!
こういうところは、ドイツは進んでるんですね。
  • from くろろ |
  • 2009/02/23 (04:27)

多分私も両利きです。

初めまして。
もともと左利きをお箸をペンを右に矯正されたので自分では左利きだと思っていたのですが、、、
子供の頃ソフトボール大会の練習で他の子供達と一緒に右のバッターボックスでバッティングを教えられたので、今でも左投げ、右打ちです。
大人になってから、一度ゴルフのスウィングを元プロの方に教えてもらった時も他の参加者と一緒に右で教わったので、ゴルフも右です。
なので今日この記事を読んで多分私も両利きではないか新たは発見でした。
  • Reis さん |
  • 2009/02/27 (23:55) |
  • Edit |
  • 返信

Reisさんへ

はじめまして、Reisさん。
お箸やペンを嬌声されたのですか。それなら左利きの可能性が大きいですね。
初めてすることを右で覚えるとその手になってしまうのは、左利きも両利きも同じかもしれません。
私は初めから右でお箸を持ったそうです。だから、ずっと右利きだと思ってました。

しかし。私たちは右利きより有利ですよね。
もし右手を怪我しても、左手ですごい苦労はしなそうですもの(笑)
  • from くろろ |
  • 2009/02/28 (07:52)

無題

はじめまして。
ドイツにすんでいるアイスベアと申します。

私の子供、3歳ですが、どうも左利きのようです。私の家系で左利きはいませんけど、義理父は左利きを矯正されたそうです。

左利きはスポーツの世界では重宝されるとか聞きますよね。
うちの息子、どんな風に育つのか、興味津々です。

ちなみに、私も揚げたお寿司、中華レストランで見たことあります!
迷ったけど、すしを揚げるなんて!と食べませんでしたけど。
  • アイスベア さん |
  • URL |
  • 2009/02/28 (00:24) |
  • Edit |
  • 返信

アイスベアさんへ

はじめまして、アイスベアさん。
アイスベアさんのお子さんも左利きですか。私のほうは、ドイツと日本、両方とも家族の中に左利きはいないんですよ。
私が両利きだから息子が左になったのかな?なら、私はどこからきたんだろう?

お子さんはこれから字の書き方を覚えるのですね。大変ですよー
息子は初め、書いた字を左手でこする書き方をしていたので、小学校で万年筆を使うときに字が全部汚くなっちゃって苦労しました(^^;)それに、左利き用のペン先を使わないと紙を引搔いてしまうし・・・
お子さんは可愛い盛りですね。うちは息子が大人になってしまっていますから、可愛げなんて一欠けらも残っていません(苦笑)子育て、楽しんでくださいね。

>ちなみに、私も揚げたお寿司、中華レストランで見たことあります!
他にもあるんですか?! やっぱり残り物だったんでしょうね。
ほんと、写真を撮ろうと思わなかったら、私も絶対食べませんでしたよ。
  • from くろろ |
  • 2009/02/28 (08:50)
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]