忍者ブログ

旅行+生活情報+ドイツ語と、ちょっと言いたい今日のドイツ

カテゴリー「今日のキキミミ姉妹」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
ある日の早朝、なぜかバルコニーに登ってきたキキの声で目が覚めました。
その声は特徴のある、後ろ上がりの「にゃ~う、にゃ~う
それを聞き、ギョッとして飛び起きました。

この鳴き方は、獲物を持って帰ってきた時特有の鳴き声。
意味は「見て見て、お土産持ってきたよ~」
つまり、キキは今ネズミを口にくわえて家の中に入ろうとしているんです!

3月~4月にかけては動物界のベビーラッシュの時期で、ネズミ一家にもたくさんベビーが生まれてます。そのため、4月からはうちのネズミアラームが危険度最高の赤に変わり、家の窓やドアを開け放って寝ないようにしてるのに、そんなことはお構いなしの奴がひとり。

ベッドから飛び起きて、ネズミ侵入を阻止すべく寝室から出たけど、時はすでに遅し。
キキがすでに息子の部屋の窓から侵入して、廊下にネズミを放した後だった・・・

これが、廊下に留まったままなら何とかなるんです。
ところが、キキに追われたネズミは2階の一部屋に入り込んでしまった!

ゲゲ~っ、この間ネズミのミイラが見つかった部屋だよ~
また行方不明になったらどうしよう・・・

まだ誰も起きていないくらいの早朝だけど、すぐにネズミ捕獲作戦開始です。
キキの行動を見ていると、ネズミは低いタンスの下に逃げ込んだみたい。
段ボール箱をタンスの下の隙間にあて、ライトでタンスの下のネズミを照らしながら、棒でネズミを段ボール箱の方に追い詰めて行こうとしたけど、角に丸くなったまま、棒で突っついても全然動かない。

30分後には諦めて、息子が起きてくるまで待つことにしました。
重いタンスを息子に動かしてもらえば、何とかネズミをタンスの下から追い出せるはず。
それまでは部屋の中から出てもらっちゃ困るので、部屋のドアを閉めて、他の部屋のドアも念のために閉めて、待機となりました。

が、キキがこの部屋に入ってきて、椅子の上で寝始めてしまった。
定期的に寝床を変えるキキの寝床が、運悪く今はこの部屋だったんです。
こうなると、部屋のドアを閉める訳にはいかない。
ドアを閉めたらカーペットがボロボロにされちゃいますからね。

この間もうっかりして、寝ているキキを閉じ込めてしまったもので、外に出ようとカーペットを掘ったキキのおかげで、ドアを開けるのに苦労しました。
カーペットがめくれて、開けようとするドアに挟まって動かなくなっちゃったんです。
もちろんその部分はボロボロですよ。

まあ猫なんだし、もしネズミが動けば素早く行動するだろうからと、ドアは開けておきました。
ネズミもそばに猫がいる気配を察してか、タンスの下から動きませんでした。


ネズミ誘拐犯、キキ


ネズミが逃げ込んだ部屋で朝寝中のキキ


そして数時間後、起きてきた息子が本格的に捕獲作戦を始めました。
タンスを動かしたせいでネズミが他の場所に移動し、結構簡単に捕まえることができた。
よかった~、これで安心して寝られるよ~

捕獲されたネズミは思ったより元気で、捕獲に使った容器の中にチーズを入れると、端をかじるくらいだった。捕獲されてなおかつご飯を食べたネズミは初めてですよ。
えらく度強がすわってるねえ。

さて、捕獲作戦が終わったのはちょうど猫が寝ている時間で、猫が気が付かないうちに放してあげる予ことにしました。
久方ぶりに記念撮影もしときましたよ。
マウスだから、可愛いもんです。


捕まったのに、チーズをかじるくらいの余裕を見せるネズミ


うちのペットですと言われれば、信じるんじゃない?


息子も余裕だねえ。ネズミに噛まれたらえらい事なのに・・・

この後、ネズミは庭に飛び降り、トコトコと茂みの中に消えて行きました。
自分の家からはるか遠くまで誘拐されてきたはずなので、このあとどうするのか心配だけど、どうしようもない。
後は、また猫に捕まらないように気を付けてもらうしかないね。



さて、この記事を書いたあとで、息子の部屋にもネズミがいることが判明しました。
窓を開けて寝るから自業自得と言えますが、翌日には居間に大きな箱が登場して、その中にネズミが移動していました。なんでも、Nutera (ハーゼルナッツスプレッド)でネズミを容器の中におびき出して確保したらしい。

中には水やチーズ、パンまで入れて、飼育でもするの?と聞きたくなるくらい。
そしてその夜、飼育を断念したのか放してやることになりました。
庭に放すといつ猫に再度発見されるかわからないので、裏の森まで行くように言うと、息子はネズミを解放しに出かけました。

ということで、ネズミ2号の写真です。

2匹目のネズミ。ここらのネズミは茶色が多い

そして、災難はまだ続く。
今朝のこと。
帰ってきたキキがネズミを咥えているのに気が付かずに、ダンナがドアを開けてしまった。
すぐにキキがダッシュで2階に走り、またもや廊下でネズミを放したものだから、例のミイラネズミの部屋にまたもや入り込んでしまった・・・

いい加減止めてよ~

何編ネズミ捕りしたらいいんだよ
うちはネズミ屋敷じゃないんだぞ~!

どこに隠れたのか、ネズミの姿が見えないから、しばらくその部屋でPCをしながら(実はここは私の新しい書斎)様子を伺っていたら・・・
サッ!とネズミが走った!

どこにいるのかさえ分かれば後はこっちの物。
ボックスの後ろに隠れたから、出口をふさいで息子の応援を待つことに。

その間にミミがやってきて、すぐにネズミの気配に気づきました。
さすが、我が家のネズミセンサー!
家の中ではキキより優秀だね。

気が付いたらミミは辛抱強い。
じっとネズミの動きを長期戦で待ちます。
その場で昼寝をするほどですからね

そしてついに息子がやって来て、いよいよネズミ捕りもの帖です。

ミミと一緒にネズミ捕り

ネズミを物差しで追いやって、ボックスの端に置いた容器に誘い込む方式だったんですが、やってきたネズミにミミが手を出したものだから、ネズミが反対側から逃走。
ボックスの下から部屋の中を走って他の場所に行こうとしたところをミミに阻まれ、またもやボックスの下に逃げ込みました。
その後もミミは大奮闘。


捕まえてやるっ、ミミが捕まえてやるっ!

今度は上手く、手前に置いた箱の中に追い込みました。
箱の中にはくしゃくしゃにした紙が入っているので、ネズミはその中に入れば安全だと思い込み、動こうとません。
捕まえたネズミを箱ごと庭に持って行き、記念撮影用の容器に入れ替えようとしたんですが、箱を落っことしてしまい、ネズミが飛び出してあっという間に消えてしまった・・・

ちぇっ、箱ごと記念撮影すればよかった。
でもまあ、息子とミミの捕りもの帖を載せたからいいや。

猫がネズミを持ってきてしまったお宅でも、こんな方法でネズミを捕まえることができますので、試してみてくださいね~

拍手[0回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
猫はニャーと鳴くと相場が決まっていますが、本当はそんな相場なんてどこにもないのを知っていますか?

例えばうちの猫。
ミミはご飯を貰う時に、よくワン、ワンと鳴きます。
性格はどうあれ、顔に似合った可愛らしい声の持ち主なので可愛い「ワン」ですが、明らかにニャーではない。

それに、よく喋る。
聞いていると、猫語には結構たくさんの単語があるんだと気づかされます。
タンスの上に行きたいとき、抱っこされた姿勢から両手をタンスに伸ばして、ニャオワニャルンニャルルなんて具合に「あの上に行きたい!もっと上に上げて」と、タンスの上を見ながら話すので笑えます


息子のベッドに大きな山ができて・・・


布団をめくると、ミミが山の中にいた


痒いとこ痒い飛んでけ~

と書いているだけではどんなふうに話すのか分からないので、他の猫の動画を持ってきました。
これを見れば、猫がニャーと言うだけではないのがよくわかりますよ~

最初は、会話する2匹の猫


お次は歌う猫


マグロ美味いな猫


人間に話しかける猫


やってきた近所の猫を脅すネコ


最後の動画の中の声、隣の猫の声に似てます。
隣の猫2匹はうちの庭を通って外に出るので、よくうちの猫たちと遭遇するんです。
そうなると、隣の猫が動画のような声で威嚇してくるんですな。

怒鳴っているような感じだから、
「お前ら、そこどかんかい!こっちは前からおるんやぞ。後から来て何でそこで邪魔しとるんや」
みたいなことを言ってるんじゃないかと思う。

それに対するうちの猫の反応は、
ミミ:じっと見ているだけの時が多いけど、たまに喧嘩を仕掛ける行動に出ることがある。
キキ:家の中に帰ってきて、家の中からフーッと唸る(弱~)

性格分かるね~(笑)

拍手[0回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
数年前はよくあったことでしたが、最近は落ち着いていました。
しかし、それは見せ掛けだけで、実はいつ起こってもおかしくはなかったのです。

そして、ついにその日がやってきた!

時は夜。
現場は2階の廊下。
暗い廊下を階段に向かって歩いていた時、息子の部屋の前で突然

ボフッ


と何かに躓きました。
また部屋の中の何かを廊下に置きっぱなしにたなあ~、と息子の部屋のドアを開けたら、部屋の灯りが照らした廊下の床には何も置かれていない。
と、私の後ろからミミがバッと現れ、階段をダダダッと駆け下りていきました。

え?もしかして・・・・・・

そういえば、ミミは2階に上がってきて、2階にいる家人の誰かがお世話をしてくれるまで、廊下のど真ん中でよく寝そべってる。

普通に歩くとミミを踏みつけてしまうので、いつもおデブ猫を避けて歩いていたんですが、暗がりの中では当然何も見えず、例のごとく寝そべっていたミミを真正面から蹴飛ばしてしまったらしい。

ミミも蹴られた後何も言わないものだから、それが猫だったなんて全然気が付きませんでしたよ~
猫は夜目が効くのに、なんで逃げないんだ?
まさか、廊下の真ん中で寝てたんじゃないだろうなあ・・・・?
それとも、真っ暗な中でもママはミミを避けて歩いてくれるとでも思ったのか?
アホめ!


こんな風に、廊下のど真ん中に寝っころがる

そしてその翌日の午後。
今度の現場は庭です。
すっかり春も終盤となり、庭の雑草がすごいことになってき始めているので、草むしりをしていました。

腰痛も完治し、すっかり元通りになりました(嬉)
ホッカイロは腰痛1週間目に外し、そのあとは腹巻だけでした。
もうトイレも問題なし!椅子にも普通に座れます。
元々腰が悪いので、草むしりは短時間しかできませんけどね。


庭に出ると必ず猫たちが私の傍に来るんですが、その時は後ろを向いていたもので、そばに猫が来たのに気が付きませんでした。
せっせと雑草を取り、体の向きを変えようと足を動かしたら・・・

ギャッ!

突然悲鳴が聞こえたと思ったら、ミミがものすごいスピードで逃げていく。
ありゃ、尻尾をまともに踏んづけられたな・・・

突然の事にこっちもびっくりしてしまい、ミミに声を掛けたとき「じ、自業自得だぞ~」と呂律が回らなくなっていた(^^;)

全く、これで2度目だよ。
ママは音もなく背後にやってくる猫に気がついて、尻尾に気を付けて動いてくれるとでも思ってるんですかね?
自分から来たんだから、背中に眼がない人間の方に尻尾を向けるな!


眼をつぶって「あ~、すっきりする~」の最中

猫たちはよく廊下や床の真ん中に寝そべるけど、人間が避けてくれるのを当たり前だと思ってる。

君たち、それは間違っているだろう?
人間に踏まれないように心がけるのが第一じゃないかい?

家族だから安心しきっているんだろうけど、人間は暗闇では見えないし、背中に目はない。
自分から踏まれる体勢をするのはどうかと思うぞ~

拍手[0回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
さて、前回に引き続いて猫の話題を。
今日はキキの登場です。

猫らしくなく夜は家の中で寝るミミと違って、キキは普段は夜に外出します。
夏は朝帰りが多いけれど、さすがに冬は寒さが堪えるらしく、遅くとも1時頃には帰ってきて暖かいベッドの上で丸くなってます。
が、それも長くは続かず、朝の3時半~5時頃になると、また外に出ていくことが多い。
ミミはキキよりも起きるのが遅めで、4時~6時の間に外に出ていくことが多いです。

そうなると、寝室で寝ている私を起こしに来るんですが、姉妹とはいえ性格が全く違う2匹では起こし方が大分違うんですよ。
ミミは私の傍に来て、私が気が付くとパッと廊下に出る。
それで私が付いてこないと、また来て同じことを繰り返すだけなんですが、キキはそんな甘っちょろい方法はとりません。

起こすなら確実に、徹底的に、が彼女のモットーで、飼い主と言えども容赦なく猫パンチを炸裂させます。キキが家にやってきてはや4年になりますが、猫パンチ歴も3年となりました。
被害者はほとんどが私ですが、私が旅行などでいないと、ダンナも同じ目に遭っとります。
「ずっと待ってても起きないからでしょ」とはキキ談です。

確かに、キキは初めから猫パンチを仕掛けてくるわけではありません。
ちゃんと起こし方に段階があって、猫パンチは言わば最終兵器なんですな。
どんな具合に飼い主を起こそうとするかというと・・・

第1段階 私の頭の傍に座ってしばらく待つ。
第2段階 私が起きないと、じ~っと顔を近づけてくる。
       この時目を開けると、目と鼻の先にキキの顔がある(ギョッとする大きさです)
       時には、体の上に乗って顔の方に近づいてくる。重いっす。 
第3段階 それでも起きないと、容赦なく猫パンチをお見舞いする(毎回悲鳴を上げてます)
第4段階 頭から布団をかぶると、布団の中に手を突っ込んで猫パンチを繰り出す。

先日も、ぐっすり寝ていたところに突然猫パンチを食らいました。
誰かが来ると大抵は気が付くんですが、時には熟睡しているときもある。
その時も全然気が付かなくて、突然バシッ!眼の上に猫パンチを食らいました。

眼の上ですよ、眼の上!


この時は珍しく爪を出してなかったけど、いつもは爪出し猫パンチだから痛いっつ~の。
起こしたいのは分かるけど、飼い主の眼を襲撃するか?
分かっててやってるんだったら、相当のワルだよ~

一度キキが来たのに気がついて、頭から布団をかぶって様子を見たことがありますが、私が防御に入ったと察したようで、布団の中に手がヒョイヒョイと動きながら入り込んできた。
そのまま寝てると爪出し手が布団の中で動き回るので、渋々起きましたよ・・・

数日前は、ミミが来たんだと思って無視して寝てたら、突然うなじにバシッ、バシッ!と気合の入った猫パンチが2回降ってきた。
いつもは、1回して効果がなかったらもう1回なのに、最初から2回ですよ~
もしかしたら、無視したのに気が付いたのかもしれない(チェッ)


猫パンチされないように、ドアを閉めたらいいだろうと言っているあなた、猫を甘く見てはいけないのです。
猫たちを居間に閉じ込めて寝たら、ドアの前のカーペットを掘ってズタズタにしてしまいました。
2階の廊下にもカーペットが敷いてあって、ドアを閉めたらやはりそこも掘ってました。
他に、実害なしに猫を閉じ込められる部屋はないから、カーペットを壊されたくなければ、ドアは開けて寝るしかないのです。
猫の部屋なんて作れるほど大きな家じゃないしね。


凛々しいお顔のキキ


ママの傍で寝たがる甘えたさんでもある


たまに面白い恰好もしてくれる。左から、右手、左手、左足


プレーリードッグの恰好もできます(後ろ足で立ってます)


さて、猫パンチの話はこれでお終いじゃあないんですよ。
元々猫パンチは猫の喧嘩の時の技です。
最近、2匹が喧嘩するところとお相撲をするところを上手い事捉えたので、ここでご披露します。
まずは、猫の木の席を巡って喧嘩した時の写真から見てもらいましょう。

上がミミ、下がキキです。
猫の木を自分の城にしているミミが、侵入者(じゃないけど)に場所を取られまいとして戦っている最中です。この勝負はミミが勝ち、キキは引きさがざるを得ませんでした。
上からの攻撃は有利だよね~

写真は、左→右の順で見てください。
やじ馬は「やれやれ~」「頑張れキキ」と、珍しい喧嘩風景に大喜びしとりました(笑)








月は変わって今度は4月です。
庭でブログに載せる花の写真を撮っていたら、2匹がお相撲を始めたんですよ。
家の中で2匹のお相撲を見る機会は何度もありましたが、カメラを取りに行っている間に終わってしまうことが多く、いままで写真にできたことがない。

ちょうどカメラを持っているときに始めるなんて、なんて運がいいんでしょ。
それも連写モードにしていなかったから、チャンスを逃したらそれで終わりだったんですが、今回は運の女神が微笑んでくれた!


キキのパンチがミミに入った瞬間!

もう、これは永久保存版ですよ。
こんな写真を撮る機会はもう来ないかもしれないもの。

ところで、ミミの顔をよ~く見てくださいな。
ウワッてな顔してるでしょ?
これ、キキに襲われたときの私そっくりだ(笑)

結果はもちろん、ミミの負け。
このあとミミは逃げて行きました。


ペットが家にいると、いろいろなシーンに出会います。
だからペットを飼うのは楽しいんだよね~
これからは気候が暖かくなって光の具合もよくなるから、チャンスさえあれば面白い写真がたくさん撮れるはず。

キキ君、ミミ君、大いに期待してますからね~

拍手[1回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
や~っと~は~る~が~来~た~

4月に入っても春らしくない日々が続き、どうなることかと思われましたが、ついにドイツにも春がやってきました!
低気圧に挟まれた高気圧のおかげで中旬に急に夏日となった後、少し気温は下がりはしたものの、ついに桜も開花です。
冬布団も夏布団に変わった。
ああ、嬉しいぞ~~~~~!!


夏日に咲いた水仙


ムスカリとヒヤシンスも開花し、チューリップの蕾が大きくなった


昨日の桜(写真)は3分咲きだったけど、今日はすでに5分咲きになっている


寒さを嫌って夜は家の中で寝ていたキキも、気温の上昇とともに夜のお出かけ時間が増えました。もちろん、それと同時に狩りの女王も復活です。
連日(生きた)ネズミを持って帰ってきております。

まだ早いだろうと高をくくって、テラスのドアを夜中開けっ放しにしていたものだから、すでにネズミを3回も家の中で見る羽目になっちゃいました。
しかしこれも、ネズミ捕獲のエキスパートとなった猫ママがタオルでバッと捕獲して外に出しましたがね。

ネズミ世帯ではすでにたくさんのベビーが誕生しているはずで、これからがネズミの季節。
猫が帰ってきたら、入れる前にネズミ検査を徹底せねば!

そうそう、ネズミといえば、去年のいつだったか忘れましたが、キキが2階の部屋にネズミを持っていたことがありました。
ダンナがその部屋のドアを閉めて、ネズミが他の部屋に移動できないようにしましたが、その後ネズミの気配もなく、本当にネズミがその部屋にいるのか疑問だったんですが・・・・・・
見つけましたよ、この間!

3月にその部屋の大改造をしていた最中のことです。
全ての場所を整理して、要る物と要らない物を仕訳していたんですが、棚の奥の方にカサッと手に触る物がある。
何だろうとよく見ると・・・・・・

からからに干からびたネズミのミイラ?!

げ~っ、ミイラに触っちまった
これで、本当にあの部屋にネズミが逃げ込んだのは分かったけど・・・・・・気持ち悪いもん触っちまったよ~

いくらなんでも、こんなグロテスクなもん見たいなんて人はいないだろうから、写真は撮ってません。ちらっと、ブログに載せたらどうだろう?なんて、頭をよぎりはしましたけどね(^^;)


さて、ここからはミミ特集です。
実は、2匹に登場してもらうつもりだったけど、記事が長くなりすぎるので分けました。

おデブにゃんこは相変わらず、キキが持って帰ってきたネズミで遊んでます。
が、この間は珍しく、ネズミを逃がしました。
いや、ネズミと休戦交渉でも成立したみたいだった。
だって、ネズミったらえらく余裕で、ミミの傍にいるにもかかわらず、身づくろいしてたもの。


愛嬌がある顔のミミ


咲いたチューリップと一緒に


ミミの口の下で身づくろいするネズミ

実はこのネズミ、キキが持って帰ってきて居間に放したようです。
朝起きたら、ミミがアームチェアーの横に座り込んでじっと待機してたので、ピンときました。
慌てて居間の家具の後ろにネズミが入り込まないように隙間をなくし、いざアームチェアーの足を上げたらパっとミミが下に入り込んでネズミを咥え、そのまま庭に出てくれた。

こんなに短時間にネズミ捕獲が終わったのは初めて。
ギネスもんだぜ!

その後はネズミと遊んでたけど、上の写真の後ネズミを見失ったんだと思う。
後で家の中に入ってきて、ネズミが隠れていたアームチェアーの前をうろうろしてたから(苦笑)

ネズミのほうはというと、ちょうどやってきた舅に追われて庭から脱出していきました。
ミミは職務怠慢だと怒られてましたな(^^;)


猫は年間相当数のネズミを捕まえます。
ネズミ算という言葉があるくらいだから、猫がいないとえらい事になるわけで、猫が飼い主に褒めてもらいたい気持ちも分かるけど、家の中まで持ってきて、寝室の前で「見て、見て」というのは勘弁してほしいぞ~

拍手[1回]

(拍手のコメントにはカテゴリー「拍手へのお返事」でお返事を書いています)
↓ ぽちっと応援、よろしくお願いします。感謝!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ブログランキングならblogram ジモモ フランクフルト
  
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
一日一回ポチっと応援してくださると、管理人が大喜びしますw   

日本ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

こちらは面白ランキングのblogram 。一風変ってる!
blogram投票ボタン

フランクフルトの生活情報サイト、Jimomo Frankfurt です
ジモモ フランクフルト

なんだかどうでもいい、ヨーロッパランキングのEUROPE COLOR
ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
著作権について
Creative Commons License
このブログの内容の文章や画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。無断リンクなし転載はお断りいたします。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons
AD
PR
ブログ内検索
黒猫 maukie
ゲーム付きMaukie 君をゲットしました。マウスを持って行くとじゃれます(OPERAでは動きません)。下のボタンでゲームに切り替わるので、遊んでいってくださいな。数独からMaukie 君に戻るときはページを更新してください。
ブックマーク
ドイツ語と料理のページです
   by Luna Meer 様
熊子の冬眠ライフ
   by 熊子様
オナモミ亭~猫柳一番地
   by オナモミ様
ドイツ田舎暮らし
   by アイスベア様
Sonnen Katze
   by Tomimaru 様
ラーダ・ドゥーナのZAKKAスクラップ
   by ラーダ・ドゥーナ様
Jimmy in ドイツ
   by Jimmy 777様
地球ワーキングトラベラー見聞録
   by takechan0312様

バナーリンク
♥ オナモミさんの新本館登場
おじゃもみ亭 バナー

お世話になってる無料写真シェアサイト
PIXELIO
時計、カウンター、謎
下のボタンを押すと変身! 左は時計、真ん中はカウンター、右は不思議なグローバーウォークが見られるよ。
Live on Earth
全世界の現在の閲覧者です
現在のブログ閲覧者数
日本ブログ村
Copyright ©  -- Germany Today --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 百花繚乱 / 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]